産婦人科で行うハッピー出産│SUN婦人科で幸せ出産

不妊症を治療する

産婦人科での不妊症の診断には超音波検査などがあります。

産婦人科で扱われる不妊症の原因としては、女性ホルモンの異常などによる卵巣での排卵障害があります。卵子の通り道である卵管がクラミジア感染症などによって詰まる卵管閉塞でも不妊がおこります。子宮の炎症である子宮内膜症・良性腫瘍の子宮ポリープや粘膜下にできる子宮筋腫も不妊の原因になります。 産婦人科でおこなわれる不妊症の診断には、血液の女性ホルモン検査や性感染症などの細菌検査があります。卵巣の異常・卵管閉塞・子宮ポリープ・子宮筋腫の診断には、カメラを搭載した子宮内視鏡・子宮卵管造影法・骨盤内超音波検査法や磁気共鳴画像MRI法が用いられます。子宮粘膜の組織を検査する生検がおこなわれる場合もあります。最終的な確定診断として、複雑で小手術が必要な腹腔鏡検査がおこなわれることもあります。

不妊症の治療にはホルモンの使用や体外受精などがおこなわれます。

産婦人科で実施される不妊症の治療のうち原因が感染症による卵管閉塞などによる場合には、抗生物質を用います。ホルモン異常に対しては、ゴナドトロピンという性腺刺激ホルモンなどが使われます。卵管異常や子宮内膜症・子宮ポリープ・子宮筋腫による不妊症は、手術で治療できる場合があります。男性側に不妊の原因がある場合におこなわれる人工授精では、精子を注射器を用いて子宮腔内へ注入します。 産婦人科でおこなわれる体外受精は、卵管閉塞あるいは子宮内膜症の患者さんや重い男性不妊症などに対しておこなわれます。この法法ではゴナドトロピンにより排卵を刺激された女性の卵巣から卵子が取り出され、体外のシャーレ内で精子が合わせられたり注入されて受精卵が作られます。この受精卵が培養され細胞分裂が確認された後に子宮腔に移されます。