病気を検査する | 産婦人科で行うハッピー出産│SUN婦人科で幸せ出産

産婦人科で行うハッピー出産│SUN婦人科で幸せ出産

病気を検査する

近年増加傾向にある病気

女性特有の悩みといったら、婦人科病棟です。さまざまな悩みを持って、婦人科に訪れます。 繊細な部分でもあるので、なかなか人には相談しにくいことも、婦人科に行けば親身になって聞いてくれるので、安心できるでしょう。 月経のことから、女性特有のガンのことまで幅広く相談できます。 中でも、最近若い女性に多くみられるのが、ガンです。 若い分だけ、進行が早いと言われているガンは、そのままにしておくと取り返しのつかないところまでいっているケースもあります。最近最も増えているのが子宮頸がんです。最近は、ピンクリボン活動で、その名も広がりつつありますが、まだ、認知度が低いように思います。 性行為をした女性はみんな、ガンになる可能性を秘めているのです。

子宮頸がん検診の重要性

子宮頸がんは、不正出血から気づくことが多いですが、そのままにしておくと進行を早めてしまいます。早期発見でほとんどが治る病気と言われているので、異常を感じたら、まず、婦人科に検診に行くべきです。 患者数の増加に伴い、自治体によっては、定期的に子宮頸がんの検診無料チケットを配っているところもあります。こういった働きかけが、未然にガンを防ぐことにつながるのだと思います。 また、最近は子宮頸がんのワクチンも接種できるようになりました。これは、10代の性行為をしていない人に限定されます。防止の意味では素晴らしい取り組みだと思いますが、デメリットとして、副作用が懸念されています。 しかし、こういった取り組みから、定期検診の重要性を認識し、理解していくことが大切だと思います。