即日でカードローンを利用するために|無人契約機を使ってみよう

利用目的を知る

マネー

どのような目的で使えるか

現在多くの企業で提供されているキャッシングは、個人の消費目的であれば基本的に利用目的に制限がないのが一般的です。ですから生活費や遊興費に使ってもよいですし、物品を購入する際のローンの代わりに利用しても問題ありません。ただしすべての目的で使えるというわけではなく、あくまでも個人の消費目的に限ります。消費目的ですので、キャッシングの多くは投資のための借り入れを禁止しています。ただし一部企業が提供するキャッシングでは投資目的であっても利用を認めるということもあります。また法人、もしくは個人事業主が事業性資金として使う場合も個人向けのキャッシングでは利用できないとするのが一般的です。事業性資金とは事業に関する目的、つまり仕事にかかわる物品の購入や事務所の光熱費、従業員の給料や銀行の融資までのつなぎ融資といった目的のことです。こういった目的で利用する場合、個人向けキャッシングではなく事業者向けのキャッシングやビジネスローンを利用することになります。ただし個人向けキャッシングの中には「個人事業主であれば事業性資金として利用することができる」としている場合もあります。個人事業主とは自営業者などの中でも法人化しておらず従業員などを雇っていない人、具体的にはフリーランスなどを指します。こういった目的以外であれば自由に利用できますが、自動車や不動産、借り換えなど特定の目的については専用のローンを利用したほうがお得ということもあるので、自分の利用目的に合わせた計画をしましょう。

Copyright© 2017 即日でカードローンを利用するために|無人契約機を使ってみよう All Rights Reserved.