産婦人科で行うハッピー出産│SUN婦人科で幸せ出産

個人と総合の違い

最初の受診の段階で出産する病院を決めておく。

産婦人科医の減少やリスク軽減のためなどが理由で、分娩を扱わない婦人科が増えてきているようです。妊婦検診は受け付けるけども、分娩は別の病院でというスタイルも多くあるようで、病院選びはより慎重になってきていると思います。妊娠がわかったらなるべく早い段階で受診するのが望ましいですが、どういう病院を受診するかを決めなくてはいけませんよね。分娩を扱っている病院なのか、それとも出産は別の病院なのかが一番重要な決め手ですが、出産にかかわる治療方針なども病院選びの重要なポイントです。治療が必要になったときにスムーズに病院同士が連携しているかなども調べておくと心配なく受診できます。特に産婦人科の場合は、緊急で総合病院へ運ばれるケースがとても多いので、個人病院と総合病院の連携なども重要なポイントとなります。また、同じ産婦人科でも、それぞれの病院によって特徴があります。個人の産婦人科だと、出産し退院するときにプレゼントがもらえたり、食事が豪華なところもありますが、緊急時の対応が難しいというデメリットもあります。

個人病院と総合病院の違いは何か。

産婦人科は個人病院と総合尿印では大きな違いがあります。まず、ほかの診療科にはない分娩があるので、個人病院でも分娩を扱うところと扱わないところがあります。分娩を扱う産婦人科の場合は、最初の受診から出産まで同じ病院に通うことが可能です。分娩を扱わない個人病院は、ほとんどの場合、妊娠中期から後期の間で総合病院の受診へ切り替わります。個人病院は大掛かりな設備を整えていることが少ないので、母子になんらかの異常がある場合には対応できないかもしれません。そうした場合は、総合病院へ搬送されるケース多くあります。退院時にも違いがあります。個人病院は入院中にさまざまなサービスがつくこともあるようです。退院時にはプレゼントを渡している病院もあります。どういう病院で出産した以下を最初の受診のときに決めておくと、いざというときに悩まずにスムーズに対応することができます。